読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひだまりペットセレモニーのブログ『ひだまりな日々』

大阪府交野市ひだまりペットセレモニーのブログです。このブログではひだまりペットセレモニーからのお知らせやご案内、日々のご葬儀のことやご家族様の声などを紹介していきます。

心のケアについてのご質問(ペットちゃん)

Q:二匹で飼っていた猫の内、一匹が亡くなってしまいました。葬儀・火葬後も自宅の猫が元気が無く食欲も落ちています。やはり直ぐに動物病院に連れて行くべきでしょうか?

 

 

 

A:一緒に過ごしてきた家族を亡くしたお子様(ペットちゃん)によくあるお話しだと思います。お子様(ペットちゃん)も大切な家族を亡くし相当ストレスを感じていることでしょう。他のご家族様が経験されたお話しで多いのは、お別れ後一週間から十日くらい、様子がおかしくなるお子様が多いようです。お子様にたっぷりと愛情を注いでげながら見守ってあげることで平常に戻って行くお子様(ペットちゃん)がほとんどのようです。しかし気になるようでしたら、まず病院で受診されてみても良いのではないでしょうか。

 

 

www.hidamari-pet.jp

心のケアについてのご質問

Q:飼っていたミニチュアダックスがなくなり葬儀を終えお骨を手元で供養していますが、小学校低学年の息子がひどく落ち込んでいます。何か息子を励ますような良い方法はないでしょうか?

 

 

A:大切な家族(ペットちゃん)とお別れし心の整理をつけていくのは大人でも大変なことだと思います。私自身も12歳のMIX犬を見送った時は立直るのに時間がかかりました。ましてや、小学校低学年のお子様は感受性が高くひどく落ち込むのは仕方ないのかもしれません。良ければ『虹の橋』という、古くから伝わる素敵お話があります。インターネットで『虹の橋』と検索していただければ、お話を紹介しているサイトが沢山でてくると思いますので、お子様とご一緒に読んでお話をされてみてはいかがでしょうか。少しでもお子様の心のケアに役立ていただければ幸いです。

 

 

www.hidamari-pet.jp

ご火葬についてのご質問

Q:我が家のペットはハムスターなのですが、犬や猫のようにお骨を残してあげることはできるのでしょうか?

 

 

A:大丈夫です。お骨は残してあげれます。ハムスターのお子様はもちろん、セキセイインコやリスなどの小さなお子様も火葬後お骨は残してあげることはできます。ご家族の皆様でお骨を拾ってあげることもできますのでご安心下さいませ。

 

 

 

www.hidamari-pet.jp

残念なニュース

枚方市にあるペット霊園『宝塔』さんのニュースをみて、とても胸が痛くなりました。そこに眠るお子様、そして大切なお子様をお預けになられていたご家族様のお気持ちを考えると非常に辛い気持ちで一杯になります。何故突如閉鎖されたのか事情はわかりませんが、せめてしっかりとした説明と閉鎖後の対応をされるべきではなかったのか、非常に残念でなりません。ただただ宝塔さんで眠られていたお子様達が安らかに、そして大切にご供養されることを心よりお祈り致します。

 

 

合同火葬後についてのご質問

Q:合同火葬が希望ですが、火葬後お参りに行くことはできますか?

 

 

A:はい、お参りいただけます。ただ、お子様(ペットちゃん)を合同火葬後、提携先の寺社・動物霊園へ納骨させていただきますので、そちらのお参り可能な時間内となります。詳しくはお電話にてご確認下さいませ。

 

 

 

www.hidamari-pet.jp

ご葬儀についてのご質問

Q:ご葬儀の際、ペットは連れて行けますか

 

 

 

A:はい、大丈夫です。
ご葬儀中はお連れいただいたお子様(ペットちゃん)も一緒に過ごしていただけます。ご遠慮なく最期の時間を一緒にお過ごし下さい。また、必要であればペットシーツ等のご準備も致しますのでご安心下さい。

 

 

www.hidamari-pet.jp

 

 

ご葬儀内容についてのご質問

Q:枚方市在住ですが、仕事の都合でそちらへ伺うことができません。火葬後のお骨はいただきたいと思っています。対応は難しいでしょうか?

 

 

A:大丈夫です。ひだまりペットセレモニーでは、できる限りご家族様のご希望に添えるようご相談を承ります。北河内エリア(枚方市四條畷市・交野市・寝屋川市大東市守口市門真市)はもちろん。大阪市内・京田辺市八幡市生駒市等幅広いエリアでご対応が可能です。お子様(ペットちゃん)を、お迎えに伺い個別一任火葬後、お骨をご自宅へお届けすことも可能ですので、一度お電話でご相談下さいませ。

 

 

www.hidamari-pet.jp